Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
出版翻訳家を目指して勉強中。
翻訳していて感じたことを忘れないようにブログに残していこうと思います。
ホームページはこちら http://glee.jp.net
中目黒のカフェで隔月土曜に翻訳ビギナーズ勉強会を開催しています!
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
洋書の森 夏の翻訳文化祭

先週の土曜に洋書の森で行われた翻訳文化祭に行ってきました。

いつもの洋書の森セミナーはひとりの方が講師を務められますが、今回は3名の方がそれぞれお話をしてくださいました。1限目は松丸さとみさんによるイギリス英語とアメリカ英語の違いについて、2限目は早川書房編集本部長の山口さんによる一問一答、3限目は井口耕二さんによる翻訳環境あれこれというトピックで開催されました。

 

わたしは残念ながら2限目までしか参加できませんでしたが、とても楽しい1日でした。

1限目講師の松丸さんが2限目で司会進行をしてくださり、いくらセミナーといっても編集者の方には直接聞きづらいことをがんがん質問してくれたので、持ち込みのことからお金のことまでたっぷり伺うことができました!

26日(土)にも翻訳文化祭の第2弾があって、三省堂の編集者さんが登壇されるようなので出版社事情が気になる方は公式HPをチェックしてみてください。

 

1限目のイギリス英語とアメリカ英語の違いというテーマについて、参加者の方から「ユーモアの違いについてはどう思われますか」という質問がありました。イギリスとアメリカでは確かに笑いのツボが違って、わたしはイギリスの皮肉っぽいジョークが割と好きです。

 

ジョークといえば、昔カナダ人がこんな話を得意げにしてきたのを覚えています。

「日本人に目隠しをしようと思ったら何が必要だと思う?」

「え、分かんない」

「答えは糸でした〜」

 

よく意味が分からなくて、「日本人そこまで目細くないし!」と反論できたのはしばらく経ってからでした。カナダ人ジョークは英米どっち寄りなんだろう。

 

わたしは26日のセミナーには参加できないのですが、洋書の森のSさんによる神楽坂ランチスポット紹介が長くて面白いので、予定の空いている方はぜひ行ってみてください!

何を食べたか書くと人間性を疑われるので内緒ですが、美味しかった。さすが美食の街、神楽坂。

| 翻訳 | comments(0) |
| 1/662 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex