Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
出版翻訳家を目指して勉強中。
翻訳していて感じたことを忘れないようにブログに残していこうと思います。
ホームページはこちら http://glee.jp.net
中目黒のカフェで隔月土曜に翻訳ビギナーズ勉強会を開催しています!
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
面白い!?

土曜日は洋書の森セミナーがありました。講師は田口俊樹先生です。

 

今回の課題のひとつに、ロアルド・ダールの短編を訳すというものがありました。訳すのはオチとなる最後の一文だけです。"Smoked Cheese" という作品で、日本語はミステリマガジン2016年9月号に田口先生訳で掲載されています。英文はここで読むことができます。

 

原文は中高生でも読めるくらい簡単です。

ある男がスモークチーズを括り付けたねずみ捕りを天井に貼り付け、机やランプも天井にくっつけます。それを見たねずみたちが「これは大変、ぼくたちも逆さまにならなきゃ」と言って逆立ちし、うっ血して死んでしまうというのがあらすじです。

 

課題にもなっていた最後の一文は

"Ah-ha," he said, and he clapped his hands. "Ah-ha. I knew they'd go for smoked chesse."

です。

 

最後まで読んでも話のオチが分かりませんでした。でもこれが課題になっているということは、何かひねったオチが隠されているはずだと思い、原文に使われている単語や熟語を何度も辞書で引きました。それでも分からず、悔しかったけど意味が分からないまま授業に臨みました。セミナーで田口先生の解説を楽しみにしていたら、

 

「最後の文を課題にしたけど、まぁこのままの意味だよね。この短編を面白いと思うかどうかは人による」

 

とおっしゃっていて、オチはとくに隠れていなかったことが分かりました……。

ねずみが死んだのは仕掛けたスモークチーズのおかげではないのに、男が「やっぱりね。ねずみはスモークチーズが好きなんだ」と言う。

 

え、これ面白い!?

分かんない、ホント分かんない!

 

「青と赤、黄色いのはどっちでしょう?」が面白いと思う人は、この話のナンセンスさを笑えると言っていましたが、わたしにはその感覚はないようです。1日経った今でも分からない、どこで笑えばいいんだろう。

| 翻訳 | comments(0) |
| 1/559 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex